おふさ観音

#北東部

#自然・風景

#社寺・仏閣

おふさ観音
おふさ観音
おふさ観音

 おふさ観音

 おふさ観音

 おふさ観音

寺のある地名と合わせて「小房(おふさ)観音」と呼ばれていて、正式名は高野山真言宗別格本山観音寺といいます。 本尊である十一面観音は、もともと身体に健康を授けると言われていましたが、近年ではそれ以外に厄除け、子授け、長寿と老人病封じを願う人々が多く訪れるようになり、大和ぼけ封じ霊場会の札所にもなっています。 江戸時代にこの辺りは大きな池でがあり、ある日、土地の娘「おふさ」さんが池のほとりを歩いていると、観音様が現れたというのです。この「おふさ」さんが、観音様を奉られたのが、お寺の起源だとも言われています。 春と秋には、「バラまつり」が開催されイングリッシュローズを中心に約2,300種類のバラが可憐に、優雅に咲き競い、夏には、風鈴の涼しい音色が厄を払うという仏教伝来の思想から、「風鈴まつり」が開催され、2,000個を超える日本各地の風鈴が展示されます。毎年7月17日には「おふさ観音祭」が開かれ、大勢の人が訪れます。

住所
奈良県橿原市小房町
ホームページURL
おふさ観音
交通・アクセス
JR畝傍駅 徒歩約8分
近鉄八木西口駅 徒歩約13分
近鉄畝傍御陵前駅 徒歩約14分
コミュニティバスかしはら万葉ホール 徒歩約5分