畝尾都多本神社

#南東部

#社寺・仏閣

畝尾都多本神社
畝尾都多本神社
畝尾都多本神社

 畝尾都多本神社

 畝尾都多本神社

 畝尾都多本神社

畝尾都多本神社(うねおつたもとじんじゃ)は、「哭澤の神社」(なきさわのもり)とも言います。祭神の哭澤女神(なきさわめのかみ)は、「古事記」によると国生みの最後の段階で、伊邪那美神(いざなみのかみ)が火の神である火之迦具土神(ひのかぐちのかみ)を生み亡くなったのを、父の伊邪那岐神(いざなぎのかみ)が悲しんで泣いた涙から生まれた女神だと言われています。 神殿はなく玉垣で囲んだ空井戸をご神体とし、境内には末社の八幡(はちまん)神社が鎮座しています。 桧隈女王(ひのくまのおおきみ)が、「哭澤の 神社(もり)に神酒据(みわす)ゑ 祈れども 我が大君は 高日(たかひ)知らしぬ」と詠んだと言われる万葉歌碑が境内にあります。

交通・アクセス
近鉄耳成駅 徒歩約18分
JR香久山駅 徒歩約20分
コミュニティバス別所町 徒歩約12分