今西家住宅

#北西部

#自然・風景

#町並み

今西家住宅
今西家住宅
今西家住宅

 今西家住宅

 今西家住宅

 今西家住宅

今西家は、永禄9年(1566)今井町に入町した十市兵部少輔遠忠の一族で、もと川井氏を名のっていたが、五代目から今西姓になった。惣年寄の筆頭で、領主、代官の町方支配の一翼を担い、自治権をゆだねられていた。八つ棟造りは、その役柄に相応した建物で、棟札には慶安3年3月22日(1650)の年代が記され民家というよりも城郭を思わせる構造で、今井町の西口にありその西側は環濠となっている。外壁を白漆喰塗籠めとし、大棟の両端に段違いに小棟を付け、入母屋造の破風を前後喰違いに見せ、本瓦葺の堂々とした外観を持っており、わが国の民家建築史上貴重な建物である。

住所
奈良県橿原市今井町3丁目
ホームページURL
公益財団法人十市県主今西家保存会
交通・アクセス
近鉄八木西口駅より徒歩10分
JR畝傍駅より徒歩15分
営業時間
10時00分~17時00分(最終入館16時30分) 事前予約必要(受付10時~16時)
閉館日
毎週月曜日、その他
平均予算
大人500円 中学生以下250円 団体(10名以上)400円