万葉歌にふれる旅

万葉歌にふれる旅

全20巻からなり、約4500首の歌が収められている日本最古の歌集「万葉集」。歌の作者は天皇から農民まで幅広く、内容も、恋の歌、季節の歌、自然の歌など、バラエティに富んでいます。

そんな古の人々の思いを詠んだ歌の多くは、縁の地で歌碑となり現在も大切にされています。橿原市内の歌碑をめぐって、当時の歌人たちの思いに触れてみてください。

近鉄大和八木駅からスタート! おすすめ歌碑めぐり ウォーキングルート

近鉄大和八木駅を起点に5つの歌碑をめぐるコースをご紹介します。それぞれの歌碑の意味は現地でチェックしてくださいね。

駅で自転車を借りるのもおすすめ 大和八木レンタサイクル「かしはらナビサイクル」

市内をあちこち見てまわるなら、レンタサイクルを利用するのも手。電動自転車なら坂道もラクラクで、歌碑めぐりも快適に。

電話番号
0744-47-3391
住所
奈良県橿原市内膳町1-6-8 橿原市観光交流センターかしはらナビプラザ1階
営業時間
9時~18時
定休日
無休
平均予算
小型電動自転車1000円(4台限定)、小型ギア自転車700円(4台限定) ほか
駐車場
なし

詳しくはこちら

近鉄大和八木駅から徒歩15分 【耳成山公園・木原古池】



耳無の 池し恨めし 吾妹子が
来つつ潜かば 水は涸れなむ
作者/不詳 


橿原市木原町にある、耳成山公園の池のほとりに建つ万葉歌碑。耳成山は大和三山のひとつで、円錐状の整った山の形が特徴です。山の南側ふもとに位置する耳成山公園は桜並木が美しく、花見スポットとしても知られています。

耳成山公園から徒歩20分 【醍醐池】



春過ぎて 夏来るらし 白妙の
衣乾したり 天の香具山
作者/持統天皇


橿原市に縁のある持統天皇が、天香具山を詠んだ有名な万葉歌です。歌碑は藤原宮跡にほど近い、醍醐池の南東隅にひっそりと佇んでいます。


醍醐池の周囲には桜が植えられており、春には満開の桜が楽しめます。せっかくなら県道を挟んだ場所にある、藤原宮跡にも立ち寄ってみてください。

醍醐池から徒歩20分 【別所池】



藤原の古りにし郷の秋萩は
咲きて散りにき君待ちかねて
作者/不詳


歌碑は別所池の西南堤にあり、大きな柳の木が目印です。


別所池の道路を挟んだ南側には「史跡 藤原京朱雀大路跡」の碑も。朱雀大路は、藤原京を東西に分ける幅24mの道路のことで、現在は藤原京の南から日高山までの範囲が復元されており、当時の道幅を知ることができます。

別所池から徒歩15分 【天香具山】



大和には群山あれど とりよろふ天の香具山
登り立ち国見をすれば
国原は煙立つ立つ
海原は鴎立つ立つ
うまし国そ蜻蛉島 大和の国は
作者/舒明天皇


大和三山のひとつ「天香具山」。“神が天降ふ山”とされ万葉集では「天香具山」とも詠まれています。この天香具山の西麓登山口に歌碑はあります。「香具山観光トイレ」横にある道から進むと、登山口に到着。入口までは坂が続くので、歩きやすい靴で訪れるのがおすすめです。


山頂へは15~20分ほどで登れます。山頂から望む景色は絶景ですので、そちらもあわせて楽しんでください。

住所
奈良県橿原市南浦町

詳しくはこちら

香具山から徒歩3分 【天香山神社】



ひさかたの 天の香具山 このゆふべ 
霞たなびく 春立つらしも
作者/柿本人磨


西麓登山口にある天香具山の歌碑から左に進むと現れるのが「天香山神社」。鳥居をくぐり参道を進むと右手に歌碑が見えてきます。


歌碑のほかにも、境内には明治天皇遥拝所や古事記にも登場する占の木「波波迦の木」があります。昨今ではパワースポットとの呼び声も高いので、じっくり見て回ってはいかがでしょうか?

住所
奈良県橿原市南浦町608

詳しくはこちら

旅のゴール

ゴールは近鉄大福駅 または JR香久山駅。


時間に余裕があるなら、天香具山の南側の麓にある「天岩戸神社」や「畝尾都多本神社」にも立ち寄ってみてください。